大黒柱です。 | 関東キャバクラ求人の定理

大黒柱です。

  • 2014年07月23日

昨年、主人が交通事故に遭い後遺症などから仕事を続けられない身体になってしまいました。
保険会社同士の話し合いでは車などは修理をしてもらえるものの、後遺症に対する補償やこれからの生活費や治療費についての補償はほとんどなく、最初の入院費と手術代ほどしか出してもらえませんでした。
今後の生活を考えると一家心中も考えましたが、我が家には子供がいるので思いとどまることが出来ました。
生活を支えるために私は風俗の求人を片っ端から探し、少しでも給料が多いお店を探して面接を受けました。
恥ずかしいとか嫌だとか、考える余裕も無いほどがむしゃらに働きました。
主人は普段の生活を一人ですることも難しい状態だったので、介護も子供の世話も家事も全て私がしなければならず、中年太りしていた身体も三か月もすれば痩せてすらっとモデルのようなスタイルになりました。
それから指名は増え、家族が生活するお金に充分な貯金も出来るようになりました。
子供が大きくなって成人するまでは、風俗で家族を支えていこうと思っています。

 

他の体験談を読む